毎日苦しい

年が明けて間もなく、ISIS絡みの恐ろしいニュースを毎日のように目にするようになり

そうこうしている内に、二人の日本人が殺害され、なんだか夜も眠れないし、歳をとったせいか

涙もろくなったし、知りたくないけど、知らなきゃいけないって感じで、記事をどんどん掘り下げて

読んでいってしまってます。

 そしてここにきて、上村遼太くんの事件です。もう、やりきれない。新しい事実がわかる度に

どんなに怖かっただろう、どんなに痛かっただろうと、胸が張り裂ける思いです。私なんかでさえ

こんなに苦しいのに、御遺族の方々は、どんな思いでいるんだろう。本当に苦しい。

犯人が憎い。今回に限っては、加害者の顔写真等も、ネットでだいぶ出回り、おそらく多くの人が

特に主犯の男の顔は目にしていると思う。未成年だから、更生の余地があるからと、ニュースでは

名前さえも報じられない。一方、被害者である少年に関しては、何の配慮もなく、殴られたあざのついた

痛々しい写真から、生い立ちまで、あっという間に報道されるという。

悔しくて悔しくて、「こいつが犯人だ!」って、写真を拡散させる人の気持ち、わかります。

タバコもお酒も親公認で、いっぱしの大人ぶってるなら、犯した罪も、成人と変わらぬ罰を受けて償え。

主犯の男はもちろん、他2名も同様。一人の男のことは、ずいぶん亡くなった少年も慕っていたようで

あの夜、あんなに純朴でまだまだあどけない表情の少年が、どれだけ絶望したかと思うと、

本当に、可哀想で可哀想で、涙と怒りがこみ上げてきて、私が復讐してやろうか!ってくらい

犯人達に対する憎悪の気持が抑えきれません。きっと、同じ気持ちの人は、日本中にいるでしょう。

更生なんかさせる機会も与えたくない、鬼畜な犯行。悪魔だわあいつら。



上村遼太くんのご冥福をお祈りいたします。
どうか、痛みも苦しみもないところで、穏やかに過ごしていけますように。


にほんブログ村 OL日記ブログ 平凡OLへ
にほんブログ村
0

この記事へのコメント